残された自然~長屋門公園

長屋門公園は豊かな自然に恵まれています。

 長屋門公園は、相鉄線三ツ境駅から南へ徒歩で20分ほど、商店街と住宅街を通りぬけたところにあって、そこは阿久和川源流を中心に南北に伸びた森になっています。

 小さな森ですが地形が複雑で、小川や池や小道や小山、針葉樹や広葉樹の林に竹林に藪にお花畑と様々な表情を見せてくれます。植物や昆虫や鳥など、生き物にとって、とても暮らしやすい場所になっています。

その自然も放ってはおけない状況です。

 この公園の周りは住宅街に囲まれていますが、付近は横浜市でもまだ緑の多いところです。それでもやはり少しずつ開発が進み、その緑もやせ細りつつあります。

 また、長屋門公園は一般市民に開放された公園で、近隣の住民の皆様の温かい眼差しに守られてはいますが、心ない人に荒らされたり、ペットの犬を放されたり、犬の糞の始末をしなかったりなどがありますと公園が荒れてしまいます。

自然を育む活動にご参加ください。

 これ以上この森とその生態系を崩さずに守っていけたらと皆で努力をしていますが、さらに多くの人達のご協力を得られればと思います。

 公園の古民家で囲炉裏を囲みながら、自然について、生き物について語り合い、公園環境や利用方法などについて知恵を出し合い、思いを同じくする方々と楽しみながらやっていけたらと考えています。公園の森の中で共に自然を育む活動をごいっしょしませんか。

皆様のご参加をお待ちしております。

・ 植物・昆虫・樹木・野鳥に興味のある方、是非ご協力下さい。
・ お気軽に自分の出来る範囲で、興味のある分野でご参加下さい。
・ 裏のお花畑を一緒に手入れして 下さる方を引き続き募集中です。

 畑の手入れは、ボランティアさんや公園スタッフが丹精をこめて行っています。でもまだまだ人手が足りません。空いた時間にお手伝いくださいませんか。いっしょに活動しませんか。お申し込みは事務局までお願いします。

お願いがあります。
公園の生きものを持ち帰らないでください。

 オタマジャクシ、魚、ホタル、カメ、カワニナなど水辺の生きものや、腐葉土の中にいたカブトムシの幼虫やカブトムシなど公園にいる生きものは、ここで生まれ育ち、ここを棲みかとしています。

 捕ることは簡単ですが、その場所にその生きものがいなくなったために、乱れてしまった自然環境の中での生態系の連鎖を元に戻すことは、それはそれは大変なことなのです。

 そんな大変なことを--多くの人が多くの時間をかけてやってきて--やっと、今のような状態にまでなった今を、そっと見守ってください。

 そこにいる生きものたちは、そこが(生まれて)心地良いところだからこそ生きていられるのです。

 持ち帰った環境が生きものたちにとって心地良いかどうか考えてみてください。植物も同じです。観察するにとどめてください。

 どうかご理解とご協力をお願いします。