古着の回収 「ファイバーリサイクル運動」



 長屋門公園では、ファイバー・リサイクルの回収拠点活動をしています。

 先人達は物を大切にしました。特に布はとことん使い回しをしました。そんな思いをくんで、ここ長屋門公園ではファイバー・リサイクルの回収拠点活動をしています。

 ファイバーとは繊維のこと。ファイバー・リサイクル (fiber recycle) とは、古着や古布などの古繊維を回収し、リサイクルする活動です。

 古着や古布などは、ゴミに出すと燃やされて灰になってしまいますが、再利用すれば資源の無駄使いを無くせます。古繊維はそのほとんどが(100%近く)リサイクルできます。

 また、ゴミを燃やすにはそのための燃料も必要ですが、これも資源の無駄使い。資源の無駄使いを無くせば環境を保護することになります。”ファイバーリサイクリング”の活動は、私たちにとって大きな意味があるのです。

 古着の回収は、2002年(平成14年)7月から始めました。



回収の日時

休園日以外、開園時間内は常時回収しています。

回収品の種類

1.衣料・シーツ類・タオル類。
2.現在は、厚物の冬衣料(特にコート、背広上下)は回収していません。ただし、セーターはOKです。
3.洗濯してお出しください。
4.衣料でも革やビニル製品は回収できません。
5.「リユースデー」に出して良い物と、そうでない物に分けていただけると有り難いです。

回収方法は?

1.当公園まで直接お持ちください。
2.お持込みの際、事務所のスタッフに声を掛けてください。
3.布で包むか、ごみ回収用の袋に入れてください。
4.材質ごとの分別は不要です。

回収された物は、その後どうなるの?

まず回収業者が、着られる物と着られない物、男女別、季節別などに手で仕分けます。
着られる物は、必要としている所へ送ります。着られない物は、細かい繊維に戻し、作業用手袋(軍手)や自動車のパッキングやウエスその他に生まれ変わります。毛100%の物は、繊維に戻して再び衣類にもなります。