写真教室

写真教室「基礎」講座

 長屋門公園・写真教室「基礎」講座では、2017年4月より新たに受講生を募集します。5月より開講します。尚、通常毎月第2、第4土曜日のところ、5月のみ第3、第4土曜日です。
 写真の基本的な技術等を映像の専門家、石渡 均 (いしわたり・ひとし)氏が伝授します。

 講義は長屋門公園工房にて行います。実技は、前半は長屋門公園内で、後半は横浜市内各所で行います。

 尚、写真教室「上級編」は、2017年度も引き続き開講しますが、募集はありません。

講 師

石渡均氏(日本映画撮影監督協会会員 ・ 東京藝術大学非常勤講師)

受講回数

平成29年4月~平成30年3月まで全20回。

曜日・時間

第2土曜日・第4土曜日 / 13:30~15:30
祝日に当たる場合は、受講生と講師とで話し合いその都度決めます。
尚、5月のみ第3、第4土曜日です。

対 象

写真に興味がある方ならばどなたでも。

定 員

15名程度。

受講費

1,500円/月
但し、初回のみテキスト代1,058円

持ち物

愛用のカメラと筆記用具、スリッパ。

受講受け入れ

2017年4月30日まで。


『朝陽、さくら道』 作:石渡 均

講師のプロフィール

石渡均(いしわたり・ひとし)

撮影の教育歴は18年に及ぶ。文化庁芸術家在外研修員となり、米国へ撮影留学。劇映画、テレビドラマ、コマーシャル、立体映像などを数多く担当し、同時に執筆活動(翻訳書を含め映像専門書8冊、共著1冊を上梓)を続け、現在に至る。

現在、文芸同人誌「澪」の編集長として同誌に評論などを連載中。フリーランスキャメラマンとして、劇映画・テレビドラマ・Vシネマ・大型映像・CM・PVなど多数担当しながら執筆活動を続けている。

著書に『ひまわりとキャメラ』(三一書房)など。訳書に『マスターショット3』(フィルムアート社)、『映画美術から学ぶ「世界」の作り方-プロダクションデザインという仕事-』。
現在文芸同人誌「澪」に『映画監督のペルソナ・川島雄三論』を連載中。
日本映画撮影監督協会員。東京藝術大学映像研究科(大学院)非常勤講師。

文芸同人誌「澪」の詳細は次のサイトにアクセスしてください。
http://mio2014mio2014.jimdo.com

写真教室「上級編」

 写真の基本的な技術等を映像の専門家、石渡 均 (いしわたり・ひとし)氏が伝授します。
 2015年4月開講の写真教室は、「上級編」として2016年度に引き続き2017年度も開講しますが、募集はありません。

講 師

石渡均氏(日本映画撮影監督協会会員 ・ 東京藝術大学非常勤講師)

受講回数

月2回。 (8月と12月はお休みです。)  平成29年4月~平成30年3月まで全20回。

曜日・時間

第1日曜日・第3日曜日 / 13:30~15:30

受講費

1,500円/月
但し、初回のみテキスト代1,058円

持ち物

愛用のカメラと筆記用具、スリッパ。

受講受け入れ

2017年度の募集はありません。