懐かしシネマ館

懐かしシネマ館


懐かしい映画を観る会です。
音響も映画館さながら、映写のプロによる上映です。解説もあります。
映画鑑賞の後は交流会で大いに語り合いましょう。

開催日

偶数月の第1土曜日。
※行事の都合により12月は11月に、2月は3月の第1土曜日に変更します。

時 刻

受付 16:30より/上映 17:00より/
交流会 19:00~20:00

会 場

長屋門公園母屋。

参加費

700円/1回(機材および交流会費) 
※入会費、年会費は要りません。

お申し込み

電話または直接長屋門公園事務局へ。
045-364-7072

主 催

長屋門公園歴史体験ゾーン長屋門シネマの会・横浜映像企画

上映作品

2017年 4月 1日(土)

『荒野の決闘~いとしのクレメンタイン~』(1947年、米、上映時間97分)・・・アープ兄弟とクラントン一家のOK牧場での対決に材を取ったJ・フォードの作品。 活劇ではなく、詩情豊かに“西部を描いた”ドラマ。主題歌・テーマ曲は、日本では『雪山讃歌』として有名な『Oh My Darling, Clementine』。/監督:ジョン・フォード/出演:ヘンリー・フォンダ(ワイアット・アープ)、リンダ・ダーネル(チワワ)、ヴィクター・マチュア(ドク・ホリデイ)、キャシー・ダウンズ(クレメンタイン)

2017年 6月 3日(土)

『裸の島』(1960年、近代映画協会、上映時間95分)・・・孤島に生きる家族の姿を、一切の台詞を排して描く。わずか十数人のスタッフが1ヶ月ほど島に住み込み撮影した。モスクワ国際映画祭でグランプリを受賞し、ベルリン映画祭や英国アカデミー賞などでも高い評価を受けた。/監督・脚本・製作・美術:新藤兼人/音楽:林光/キャスト:乙羽信子、殿山泰司、ほか。

2017年 8月 5日(土)

『陸軍』(1944年、松竹、上映時間:87分)・・・戦時下、陸軍省の依頼で製作されたもので、幕末から日清・日露の両戦争を経て満州事変に至る60年あまりを、ある家族の3代にわたる姿を通して描いた作品。その内容は陸軍省の意図したものとは違っていて、木下は情報局からにらまれ、終戦時まで仕事が出来なくなったと言われている。白黒、スタンダード・サイズ。/監督:木下恵介/原作:火野葦平『陸軍』/脚本:池田忠雄/キャスト:笠智衆、田中絹代、東野英治郎、三津田健、爆弾小僧、原保美、細川俊夫、佐野周二、佐分利信、上原謙、ほか。

2017年 10月 7日(土)

『泥の河』(1981年、東映、上映時間:105分)・・・第十三回太宰治賞を受賞した宮本輝の同名の小説を映画化したもの。昭和30年の大阪安治川河口を舞台に、河っぷちの食堂に住む少年と、対岸に繋がれた廓舟の姉弟との出会いと別れを描く。 /監督:小栗康平/原作:宮本輝『泥の河』/脚本:重森孝子/製作:木村元保/音楽:毛利蔵人/撮影:安藤庄平/編集:小川信夫 /キャスト:田村高廣、加賀まりこ、藤田弓子、朝原靖貴、桜井稔、柴田真生子、初音礼子、西山嘉孝、蟹江敬三、殿山泰司、八木昌子、芦屋雁之助、ほか。 /受賞:キネマ旬報ベスト・テン第1位、日本映画監督賞&助演女優賞(加賀まりこ)、毎日映画コンクール最優秀作品賞&最優秀監督賞&主演男優賞(田村高廣)、ブルーリボン賞最優秀作品賞、アカデミー賞外国語映画部門ノミネート、ほか。

2017年 11月 4日(土)

『雨のしのび逢い』(1960年、フランス・イタリア、上映時間95分)・・・マルグリット・デュラスの小説『モデラートカンタービレ』を原作とする“愛の不安”を描く恋愛映画。脚本は、ジェラール・ジャルロと共にデュラス本人が担当している。主演のジャンヌ・モローは第13回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞している。 /監督:ピーター・ブルック/原作:マルグリット・デュラス/脚本:マルグリット・デュラス、ジェラール・ジャルロ/音楽:アントニオ・ディアベリ/キャスト:ジャンヌ・モロー、ジャン・ポール・ベルモンド、ディディエ・オードパンほか。

2018年 3月 3日(土)

未定。