懐かしシネマ館 (2020年度)

「懐かしシネマ館」は 懐かしい映画を観る会です。

音響も映画館さながら、映写のプロによる上映です。

解説もあります。

映画鑑賞の後は交流会で大いに語り合いましょう。



CINE-CLUB 会員制映画鑑賞講座 「長屋門シネマの会」

新型コロナウィルス感染防止のため、市からの通達により、
2020年 4月 4日(土)「懐かしシネマ館」は中止します。

開催日

年度6回。不定月の第1土曜日。

時 刻

受付 16:30より/上映 17:00より/
交流会 19:00~20:00

会 場

長屋門公園母屋。

定 員

30人。

参加費

700円/1回(機材および交流会費) 
※入会費、年会費は要りません。

お申し込み

電話または直接長屋門公園事務局へ。
045-364-7072
中止もありますので、必ず予約してください。

主 催

長屋門公園歴史体験ゾーン長屋門シネマの会・横浜映像企画

上映作品

2020年 4月 4日(土) 新型コロナウィルス感染防止のため、中止します。



2020年 6月 6日(土)  予約受付:5月11日~5月31日

『麦秋』(1951年、松竹、 124分)

 北鎌倉に住む老植物学者間宮周吉の娘紀子は独身で丸ノ内の貿易会社専務佐竹宗太郎の秘書をしている。周吉の長兄茂吉が大和の本家より上京して来て紀子の結婚談が出る。同時に佐竹も自分の先輩の真鍋という男との縁談をすすめる。間宮家では、周吉夫婦をはじめ紀子の兄で医師である康一も佐竹からの話に乗り気になり、紀子も幾分その気になる。
 そこへ古くから間宮家の出入りである矢部たみの息子で、康一と同じ病院に勤める謙吉が、急に秋田の病院へ転勤するときまる。そのとき紀子は謙吉こそ自分の結婚すべき相手だったことに気がつく。紀子は謙吉と結婚して秋田へ去り、周吉夫妻も大和の本家へ引きあげて行く。その大和はちょうどさわやかな麦秋であった。

/監督:小津安二郎/制作:山本武/脚本:野田高梧 、 小津安二郎/撮影:厚田雄春/出演:原節子、笠智衆、淡島千景、三宅邦子、菅井一郎、東山千栄子、杉村春子、二本柳寛、佐野周二、など。/主な受賞歴:芸術祭文部大臣賞、ブルーリボン賞監督賞、毎日映画コンクール日本映画賞、女優演技賞(原節子)。

2020年 9月 5日(土)  予約受付:8月1日~8月31日

※ 上映作品 未定


2020年 10月 3日(土)  予約受付:9月1日~9月30日

※ 上映作品 未定


2020年 12月 5日(土)  予約受付:11月1日~11月30日

※ 上映作品 未定


2021年 3月 6日(土)  予約受付:2月1日~2月28日

※ 上映作品 未定