暮らしと植物

 暮らしと植物

 先人たちは自然からの恵みをうけて暮らしていました。採取したり、身の回りで育てたりして。採取するには自然を痛めないように注意深く行いました。身の回りで育てる際は、手入れを怠りませんでした。

 長屋門公園でも自然の恵みをいただいています。竹林からは竹の子がとれます。竹で、竹炭や竹馬や竹トンボ・鳥笛をつくったり、七夕飾りや笹ほうきにしたりします。 梅の実は梅干しや梅ジュースにします。大きな銀杏(イチョウ)の木からはたくさんの銀杏(ギンナン)がとれます。 そして毎年大勢の皆さんに、竹の子掘り(竹の子まつり)や竹炭つくりを体験して、楽しんでいただいています。