巣箱つくり

 長屋門公園では、毎年4月29日の”昭和の日”に、母家の中庭で「巣箱作り」を行っています。

 一般参加の子どもたちと大人の皆さんに長屋門公園ボランティアの皆さんが加わって、12個~15個の巣箱を作ります。

 子どもたちも慣れぬ大工道具を一所懸命使って完成させ、参加者全員で公園の森の中に取り付け、『鳥さん、巣箱に入ってネ~』と、お願いしています。


※巣箱を掛ける時期は、本当は子育ての始まる少し前の秋頃が一番良いのですが、長屋門公園では、屋外での作業が楽しくなる新緑の頃に行っています。




長屋門公園の巣箱つくり

始めにボランティアさんによる説明。




組み立てだ。




巣箱ができました。
鯉のぼりの下で記念撮影。




シジュウカラ・クイズ。
シジュウカラって、どんな鳥?




森の中へ。




さぁ、巣箱を掛けよう。
おじさん、落っこちないように気をつけてね。




シジュウカラ

スズメ目 シジュウカラ科

 アオゲラが巣穴を大きくしちゃった!
 キツキキの仲間のアオゲラがいたずらして、巣穴を大きくしてしまうことがあります。

 古くなった巣箱を外して中を見てみたら、シジュウカラが使った後に、なんとハチが巣を作って、巣箱を利用していました。
 巣箱の底、ハチの巣の向こうに白いものが見えますが、 シジュウカラはワラやコケなどを敷いた上に、さらにイヌの毛や羽毛を敷いて、そこに卵を産み、温めます。

作った巣箱を使ってくれる野鳥は?

シジュウカラです。

巣箱を取り付ける場所は?

長屋門公園の森の木。

取り付ける方法は?

場所にもよりますが、普通は大きな木の幹の地面から3m~4mの高さにシュロ縄で固定します。

使ってくれるのはどれくらい?

年平均で3割から4割の巣箱を利用してくれます。

巣箱の材料は?

杉板、廃材、テープ、釘、木ネジなどです。公園で用意します。

道具は?


ノコギリ、イトノコ、カナヅチ(トンカチ)、カンナ、ドライバ、木工用ボンド、鉛筆、定規などです。作業台を含め、道具一式は公園で用意します。

巣箱を利用するのは、どんな鳥?

一般的に巣箱を利用するのは、主にシジュウカラ、ヤマガラ、キツツキ類で、珍しいのはフクロウ。

どうしてシジュウカラだけ入れるようにできるの?

出入り口の穴の大きさで入れる鳥を決めます。スズメより小さいシジュウカラは、2.8cm~2.9cmで十分なんです。

巣箱を取り付けるときに注意する点は?


普通は大きな木の幹の地面から3m~4mの高さに取りつけますが、どこでもいいと言う訳にはいきません。外敵に襲われずに安心して営巣出来るような場所を探し、なるべく風雨にあたらない場所に取り付けます。

もし鳥が営巣していたら見られるの?


残念ですが遠くで見てるだけにしてネ。なぜなら巣箱をあけて覗くと親鳥がビックリして、「ここは危険だ」と思って、せっかく入ってくれたのに巣箱を放棄してしまうからです。

古くなった巣箱はどうするの?




新しいものと取り替えます。古い巣箱には蜂などがいます。注意して外しましょう。外す前には時間をかけて様子を調べてからにします。離れた位置から長い棒を使って安全を確保して外します。子供さんだけでやらないで、必ず大人と一緒に行ないましょう。